【香典の袋の種類】書き方や水引きを解説


葬式のマナー.com
本文へジャンプ
葬式のマナー.comのトップページへ

訃報
訃報を聞いたら

弔電
弔電の送り方
弔電の文例

喪服
男性の喪服
女性の喪服
子供の喪服
赤ちゃんの喪服

香典
マナー
金額
袋の種類
書き方
金額の書き方
ふくさの作法
郵送の作法

弔辞
マナー
文例

供花と供物
供花のマナー
お葬式の花
供物とは
法事の供物

受付
葬儀の受付でのマナー

仏式のお通夜
マナー
香典
金額
服装

数珠
参列

仏式の告別式
告別式とは
マナー
香典
電報
服装
お花
参列
作法
受付
焼香
挨拶

葬儀の帰宅後
お葬式の塩の作法



だるま
就任祝いだるま


達磨販売店
高崎だるま販売店の鈴屋



>【香典の袋の種類】書き方や水引きを解説

香典袋の種類について


香典の袋の種類について
こちらのペ−ジでは、

1.香典袋のマナー

2.基本の書き方

3.水引、表書き、名前の書き方:宗教がわからない場合

4.水引、表書き、名前の書き方:宗教別

5.会社の部単位で渡す際の書き方

6.金額の相場

 

などを中心に解説しています。


☆香典袋のマナーについて

 

☆少額のとき、香典返しを辞退するとき

 

◆裏面に「返礼拝辞(香典返しを辞退する言葉)」と書く。

 

 

☆弔問が忌明けになった場合

 

◆仏式は表書きを「御仏前」にする。

 

◆「返礼は謹んで遠慮いたします」など、「返礼拝辞」の紙を同封する。

 

 

☆基本の書き方について

 

 基本的には白無地の袋に水引をかけたものを使います。

 

 表面の柄が「ハスの花」なら仏式用、「ユリの花や十字架」ならキリスト教式用です。

 

 表書きは、薄墨の毛筆や筆ペンで書きます。

 

 

 

☆水引、表書き、名前の書き方:宗教がわからない場合について

 

◆お葬式は、二度と繰り返してほしくないことなので、水引きは結んだらほどけない結び切りにします。色は、黒白、双銀、青白などにします。

 

◆殺生を避ける弔事では、のしは付けないのが決まりです。

 

◆「御霊前」は、宗教を問わず使える表書きです。

 

氏名は表書きより少し小さめに、相手が読みやすい文字を書きます。毛筆または筆ペンで、薄墨で書きます。

 

 

水引:黒白、双銀、青白などで結び切り

 

のし:なし

 

表書き:「ご霊前」

 

名前:表書きより少し小さめでフルネーム

 

香典袋の書き方:宗教がわからない場合

 

 

☆水引、表書き、名前の書き方:宗教別について

 

☆「仏式」の水引、表書き、名前の書き方

 

◆お葬式は、二度と繰り返してほしくないことなので、水引きは結んだらほどけない結び切りにします。色は、黒白、双銀、青白などにします。

 

◆殺生を避ける弔事では、のしは付けないのが決まりです。

 

「御香料」や「御香典」は仏式にしか使えない表書きで、「線香の代わりとしてお金を包む」という意味になります。

 

氏名は表書きより少し小さめに、相手が読みやすい文字を書きます。毛筆または筆ペンで、薄墨で書きます。

 

水引:黒白、双銀、青白などで結び切り

 

のし:なし

 

表書き:「御香料」「御香典」

 

名前:表書きより少し小さめでフルネーム

 

香典袋の書き方:仏式の場合

 

 

☆「浄土真宗」の水引、表書き、名前の書き方

 

◆お葬式は、二度と繰り返してほしくないことなので、水引きは結んだらほどけない結び切りにします。色は、黒白、双銀、青白などにします。

 

◆殺生を避ける弔事では、のしは付けないのが決まりです。

 

◆仏教のほかの宗派と違い、亡くなったらすぐに仏になるという教えなので、「御仏前」とします。

 

氏名は表書きより少し小さめに、相手が読みやすい文字を書きます。毛筆または筆ペンで、薄墨で書きます。

 

水引:黒白、双銀、青白などで結び切り

 

のし:なし

 

表書き:「御仏前」

 

名前:表書きより少し小さめでフルネーム

 

香典袋の書き方:浄土真宗の場合

 

 

☆「神式」の水引、表書き、名前の書き方

 

◆お葬式は、二度と繰り返してほしくないことなので、水引きは結んだらほどけない結び切りにします。色は、黒白、双銀、青白などにします。

 

◆殺生を避ける弔事では、のしは付けないのが決まりです。

 

「玉串料」は、「本来、玉串(榊)を持ってくるところ、お金を持ってきました」という意味になります。

 

「御榊料」も「玉串料」と同じ意味になります。

 

氏名は表書きより少し小さめに、相手が読みやすい文字を書きます。毛筆または筆ペンで、薄墨で書きます。

 

水引:黒白、双銀、青白などで結び切り

 

のし:なし

 

表書き:「玉串料」「御榊料」

 

名前:表書きより少し小さめでフルネーム

 

香典袋の書き方:神式の場合

 

 

☆「キリスト教式」の水引、表書き、名前の書き方

 

◆キリスト教式の場合、水引きはつけません。市販の十字架やユリの花の付いた不祝儀袋か、白の封筒が基本です。

 

◆のしはつけません。

 

◆表書きは「お花料」または「御花料」が一般的です。

 

氏名は表書きより少し小さめに、相手が読みやすい文字を書きます。毛筆または筆ペンで、薄墨で書きます。

 

水引:なし

 

のし:なし

 

表書き:「お花料」「御花料」

 

名前:表書きより少し小さめでフルネーム

 

香典袋の書き方:キリスト教式の場合

 

 

☆会社の部単位で渡す際の書き方について

 

◆お葬式は、二度と繰り返してほしくないことなので、水引きは結んだらほどけない結び切りにします。色は、黒白、双銀、青白などにします。キリスト教式の場合は、水引きなしの白封筒に。

 

◆殺生を避ける弔事では、のしは付けないのが決まりです。

 

◆宗教を問わず使える表書きなので、「御霊前」。浄土真宗の場合は「御仏前」にします。

 

会社名は(株)、(有)と略さずに書き、左に部や課、「〇〇一同」「有志一同」などと、毛筆または筆ペンで、薄墨で書きます。

 

 3名までは連名で氏名を書いてOK。その場合、右から左へ目上の人から氏名を書きます。

 

◆奉書紙か半紙に、全員の住所と氏名を毛筆か筆ペンで、薄墨で書いて、中包みに入れるのが正式です。ただし、便箋に万年筆(黒インク)で書いても失礼にはなりません。

 

香典袋の書き方:会社の部単位での場合

 

 

☆金額の相場について

 

 香典を贈る場合の金額の目安です。故人との関係や立場により、若干金額が変わってきますのでご注意ください。

 

故人との関係・・・金額の相場

 

祖父母・・・1万〜3万円

 

両親・・・5万〜10万円

 

兄弟姉妹・・・3万〜5万円

 

おじ・おば・・・1万〜3万円

 

そのほかの親戚・・・1万〜2万円

 

知人・友人・・・3千〜5千円

 

隣近所の人・・・2千円〜

 

勤務先の関係者・・・5千〜1万円

 

仕事上の関係者・・・5千〜1万円

 

 

 

「お葬式に行くとき来てもらうときはこうします」より

 

「冠婚葬祭 マナーの便利帖」より

 


  高崎だるま通販サイト 鈴屋

だるまの取り扱い通販サイトについて


「冠婚葬祭だるま」は、「だるま通販サイト鈴屋 公式サイト」にて、販売しております。

  冠婚葬祭だるま

社長交代の贈り物
就任祝いダルマ
詳しくは「就任祝いダルマ」のページをご覧になってください


葬式のマナー.comの引用について 「引用の際のお願いについて」

☆当サイトを引用する際は、引用元を明記し、必ずリンクを張るようにしてください

【サイト名】葬式のマナー.com
【URL】https://www.sousiki-manner.com/

「関連ページ」

【香典のマナー】金額や袋の書き方を解説
【香典の金額】立場ごとの相場を解説
【お香典の書き方】中袋の金額や名前を解説
【香典のふくさ】色や包み方や渡し方を解説
【香典の郵送】タイミングや一筆箋の文例


葬式のマナー.com | 恥ずかしくない葬式のマナーを解説

葬式のマナー.comのトップページへ



 運営情報  サイトマップ

Copyright©2016 葬式のマナー.com All Rights Reserved.