【告別式とは】お葬式やお通夜との違いを解説


葬式のマナー.com
本文へジャンプ
葬式のマナー.comのトップページへ

訃報
訃報を聞いたら

弔電
弔電の送り方
弔電の文例

喪服
男性の喪服
女性の喪服
子供の喪服
赤ちゃんの喪服

香典
マナー
金額
袋の種類
書き方
金額の書き方
ふくさの作法
郵送の作法

弔辞
マナー
文例

供花と供物
供花のマナー
お葬式の花
供物とは
法事の供物

受付
葬儀の受付でのマナー

仏式のお通夜
マナー
香典
金額
服装

数珠
参列

仏式の告別式
告別式とは
マナー
香典
電報
服装
お花
参列
作法
受付
焼香
挨拶

葬儀の帰宅後
お葬式の塩の作法



だるま
就任祝いだるま


達磨販売店
高崎だるま販売店の鈴屋



>【告別式とは】お葬式やお通夜との違いを解説

告別式とは何か


告別式とは
こちらのペ−ジでは、

1.告別式とお葬式の違い

2.お葬式の意味

3.告別式の意味

4.お通夜の意味

 

などを中心に解説しています。


☆告別式とお葬式の違いについて

 

 お葬式と告別式は、厳密には異なる儀式です。

 

 

☆お葬式の意味について

 

 故人を葬る葬式は、本来は個人が家族・親類・縁者・近しい人と別れる宗教的な儀式で、仏式では僧侶が取り仕切ります。

 

 

☆告別式の意味について

 

 告別式は参列する全ての人が故人にお別れする、社会的な式典です。現在は、どちらも同じ日の同じ会場でおこなうケースが増えましたが、葬式から告別式の順で式次第が組まれている一般的です。

 

 葬式から参列する場合は、読経に遅れないよう10分前には会場に到着しましょう。告別式は、焼香が終わったら辞去して構いませんが、会場の外で故人の出棺まで見届けるほうが、礼を尽くしているといえます。

 

 

☆お通夜の意味について

 

 通夜は古来、葬るまで鳥獣から遺体を守り、不安定な死者の魂に悪霊が近づくのを防ぐ目的で、近親者が夜通し遺体に付き添うものでした。

 

 やがて、葬式が隣近所の人の協力で行われるようになり、喪家もその人たちに相応の接待をするようになり、現在の通夜の形が定まってきました。

 

 かつての通夜は遺体を納棺せず、ろうそくや線香の火を絶やさず、遺族や近親者が夜を徹して付き添いました。

 

 最近では、通夜を行う前に納棺して祭壇に安置し、夜の9時ごろまでには終了する「半通夜」が主流となっています。

 

 

 

「冠婚葬祭 マナーの便利帖」より

 


  高崎だるま通販サイト 鈴屋

だるまの取り扱い通販サイトについて


「冠婚葬祭だるま」は、「だるま通販サイト鈴屋 公式サイト」にて、販売しております。

  冠婚葬祭だるま

社長交代の贈り物
就任祝いダルマ
詳しくは「就任祝いダルマ」のページをご覧になってください


葬式のマナー.comの引用について 「引用の際のお願いについて」

☆当サイトを引用する際は、引用元を明記し、必ずリンクを張るようにしてください

【サイト名】葬式のマナー.com
【URL】https://www.sousiki-manner.com/

「関連ページ」

【告別式のマナー】香典や焼香の作法を解説
【告別式の香典】袋の表書きや相場を解説
【告別式の電報】送り方や文例を紹介
【告別式の服装】男性、女性、子供を解説
【お葬式の塩】帰宅後の清めの作法を解説


葬式のマナー.com | 恥ずかしくない葬式のマナーを解説

葬式のマナー.comのトップページへ



 運営情報  サイトマップ

Copyright©2016 葬式のマナー.com All Rights Reserved.